株式会社ベルーナ

現在表示しているページ
 HOME > 採用情報 > 社員・転職者インタビュー<ミセスアパレル>
          
 
選考プロセス

ミセスアパレル企画

学生の頃は、あきやすい性格で、長続きしませんでした。
会社に入っても続けられるかが不安でしたが、
気がつけば7年目に・・。
これからは商品だけでなく、
カタログのコンセプトや構成といった
マクロな視点を持って働きたいと思っています。

2004年入社 商品企画部 課長
瀬尾 綾夏

元々洋服が好きだったことから、洋服に関われそうな仕事を中心に就職活動をしていました。その際、選考が進むのが何故か通販ばかり。もしや私には通販という仕事が向いているのかも・・・と思うようになり、その中でもインスピレーションで『自分に合っていそう』と感じたベルーナに入社を決意しました。

印象的だったのが一番初めに参加したセミナー。確か、何人かでチームを組み『売れる企画』を考えるという内容だったと思うのですが、企画っておもしろそう!と実感。社員の方が若く元気で、とてもフレッシュな雰囲気もいいなぁと、このセミナーに参加してからベルーナへの希望がより高まりました。

『ベルーナ』という、40歳から60歳の女性をターゲットとしたカタログにおいて、アパレルの企画を担当しています。

自分が考えて選んだ商品が実際形となる事。
そして、それが実際販売され、お客様に購入していただける事。

『商品』という、目に映る形で結果を見ることができることがとにかく嬉しい!
成果となって残るのは、この仕事の醍醐味だと思います。

入社する前から「忙しい会社」であることは、何となく理解していたつもりでしたが、予想以上でした・・・。
商品のセレクトからカタログの制作まで、本当に数多くの仕事があって、そのほとんどの過程に
自分が関われるというのはやりがいがあると同時に、その分自分がしっかりしないといけないという
プレッシャーも感じました。

心身共に鍛えられたこと。学生時代のへなちょこだった私からは、考えられないくらい強くなったと思います。
それから、周囲がやさしくサポートしてくれる環境があることは心強いです。

アパレルカタログを制作している部署であるためか、男性からの私服チェックも厳しいです。
『その服初めて見るね』、『その服売れ筋っぽい』などなど・・・。その為なのか女性は皆おしゃれです。

元気で明るい人。
楽しそうに仕事をしている人を見ると、
『自分も頑張らないと!』という気持ちになります。

企画は、一見派手に見えるかもしれませんが、実際はとても地味で地道な仕事です。 でもその分奥が深く、かめばかむほど味が出る、とても味わい深い仕事だと思います。 一緒にその醍醐味を味わうことができたらうれしいです!

エントリーフォームから応募する 制作されたカタログはこちらから
 
      

ページの先頭へ戻る