株式会社ベルーナ

文字サイズ
現在表示しているページ
 HOME > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 事業戦略

事業戦略

第四次経営計画(2020年3月期~2022年3月期)

ベルーナは、「お客様の衣食住遊を豊かにする」という経営理念の下、通信販売とそれに付随する様々なサービスで培ってきた膨大なデータベースを中心に、あらゆる経営資源を駆使して事業を展開することで成長してきました。
今後とも多角的なアプローチで新たな付加価値を創造しながら、進化を続けていきます。

シナジーを活かした主力4事業を重点強化営業利益160億円を目指す

通販事業

主力事業である通販事業では、安定的な成長を目指すとともに収益力の拡大を図ります。
総合通販事業では、カタログ、インターネットに加えて店舗販売事業とのシナジー効果を発揮することで安定的な成長を目指します。

データの収集・活用・フォロー

店舗販売事業

【1】和装店舗

・BANKANわものやとさが美グループでシナジー効果を発揮し、和装業界NO.1を目指す

・2022年3月期には売上300億円を目指す

【2】アパレル店舗

・着実な成長性を重視。無理のない形で出店を行い、2022年3月期に120店舗以上を目指す

プロパティ事業

国内賃貸事業で安定収益を獲得しつつ、
稼げるホテルを中心としたホテル事業が成長を牽引していく。

ポートフォリオ経営

計数目標

  2015年3月期 2019年3月期 2022年3月期
売上高 1,206億円 1,776億円 2,200億円
営業利益(営業利益率) 64億円(5.3%) 120億円(6.8%) 200億円(9.1%)
ROE 8.4% 10.9% 10%以上

ページの先頭へ戻る