株式会社ベルーナ

文字サイズ
現在表示しているページ
 HOME > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 事業戦略

事業戦略

  • 第三次経営計画(2017年3月期~2019年3月期)
  • 計数目標

ベルーナは、「お客様の衣食住遊を豊かにする」という経営理念の下、通信販売とそれに付随する様々なサービスで培ってきた膨大なデータベースを中心に、あらゆる経営資源を駆使して事業を展開することで成長してきました。
今後とも多角的なアプローチで新たな付加価値を創造しながら、進化を続けていきます。

シナジーを活かした主力4事業を重点強化営業利益160億円を目指す

通販事業

主力事業である通販事業では、安定的な成長を目指すとともに収益力の拡大を図ります。
総合通販事業では、カタログ、インターネットに加えて店舗販売事業とのシナジー効果を発揮することで安定的な成長を目指します。

データの収集・活用・フォロー

店舗販売事業

2019年3月期までに240店舗体制へ

①和装店舗

・収益性の高い和装店舗を80店に拡大

・営業利益率10%以上をキープ

②アパレル店舗

・オペレーションの改善で通常店の
 平均利益率を7.2%から10%に

・店舗網を拡大し、通販とのシナジーを活かして、
 160店舗を目指す

店舗数計画

プロパティ事業

ポートフォリオ経営の成熟に向けて、「住」「遊」分野の強化
ホテル事業への参入、不動産開発の強化を図り新たな柱とする。

ポートフォリオ経営

4つの柱の重点強化により営業利益160億円を目指す

計数目標グラフ

  2015年3月期 2019年3月期
売上高 1,206億円 1,600億円
営業利益(営業利益率) 64億円(5.3%) 160億円(10.0%)
ROE 8.4% 8%以上

ページの先頭へ戻る