若手社員座談会

A.T
※以下Tさん
企画室
2019年入社
N.Y
※以下Yさん
企画室
2018年入社
M.S
※以下Sさん
EC事業本部
2018年入社
K.F
※以下Fさん
マーケティング本部
2019年入社

『幅広いフィールドで活躍したい!』
それがベルーナに入社した決め手

Y
僕は、仕事で人間力を磨きたくて、若手のうちからいろいろな経験ができるベルーナなら、学べる機会が多そうだと思って入社したよ。
T
私は、他社に比べて商品企画に関われる可能性が高いと思って、ベルーナに決めました。配属が企画室と発表されたときは、本当に嬉しかったです。
F
僕は、通販が好きだったのでベルーナに興味を持ちました。最終的には、選考の中でお会いする社員や面接官の方とのやりとりから、雰囲気の良さや仕事に対する姿勢を感じ、一緒に働きたいと思いました。
S
私も最初から通販業界を見てたかな。入社の決め手は、Yさんと同じく、若手が活躍できる点でした。多様なフィールドで若手社員が活躍していることを知って、私もここで働きたい!と思うようになりました。

商品の企画から、仕入れ、マーケティングまで
一気通貫でお客様の暮らしを支える

T
私が担当しているのは、インナーカタログの商品企画ですが、皆さんはどういう仕事をされていますか?
S
ネットのオリジナルブランドの商品企画を担当してるよ。カタログに比べてスピード感があって、短期間で企画から販売まで行うからちょっと大変ではあるけど、ネットだからこそ新しいことにたくさん挑戦できるからやりがいを感じてる。
Y
この流れでいうと、どのくらい自社倉庫に納品してもらうのかを、予測して管理する業務を行っているのが僕の仕事だね。
F
僕は皆さんとは少し違って、マーケティング本部でリスティング広告やLINE広告を担当しています。リスティング広告は日々出稿量を分析して決めていて、LINE広告はセール情報などをどう公開するか、制作会社と決めて配信しています。

若手の活躍がダイレクトに反映される現場

F
入社前から社員同士のコミュニケーションが活発だと感じていましたが、実際にその通りでした。部署間の壁もなく、上司先輩と密にコミュニケーションを取りながら仕事をしています。
Y
コミュニケーションは本当に活発だよね!あと、裁量の大きさにも驚いたな。2年目で売上上位に入る商品を任されたんだけど、億にもなる会社のお金を動かして利益を出すなんて、2年目でここまで出来るんだと思ったよ。裁量といえば、Tさんの企画商品も良い例だよね!
T
確かにそうですね。本配属前に、研修の課題発表でパジャマを取り上げたのですが、それを見ていた上司が「実際にやってみようよ」と言ってくださり、それがそのまま新規の商品として採用されたんです。驚きましたが、それ以上に嬉しかったです。
S
とにかく、仕事を任せてくれますよね。ネットのオリジナルブランド「Alotta」は、実は担当者は私1人だけ。このブランドのラインナップを自分で決めて、商品企画をしてます。このブランドのカラーや成否が、私にかかっているんだなと思うと責任は重大です。その分、とても楽しいです。
F
確かに、重大な仕事を任せてもらっていると思います。リスティング広告はかなりの予算が動く仕事です。それを1年目から担当させてもらえて、身が引き締まります。
Y
やると手を挙げたことや、頑張っている部分に関しては、「やってみたら」と背中を押してくれるのがベルーナ。もちろん、フォローもしてくれる。Tさんの発表を見たときは「こんなすごい1年目が入ってきたのか」とびっくりしたよ(笑)。

上司や先輩の成長意欲の高さを見習い
常に高みを目指す

T
仕事を任せてくれる一方で、上司先輩はフォローもしっかりしてくれますよね。同部署で年の近い先輩が仕事やプライベートについても相談に乗ってくれますし、それとは別にOJT制度では、先輩が、業務を1つ1つ丁寧に教えてくれます。本当に様々な面からサポートしていただき、自分と全力で向き合ってくれていると感じます。
S
それに、若手の声に耳を傾けてくれるよね。日報に、仕事でのちょっとした疑問などを書くと、的確なアドバイスを頂くこともあり、見守られているなという気がして嬉しいです。
F
上司先輩を見ていると、自分も早く成長しなければと思います。私の部署では週に1回朝礼で自由なテーマで発表をするのですが、室長クラスの方が率先して手を挙げて意見されていることに刺激を受けました。
Y
発表する内容は、どんなテーマでもいいの?
F
はい。それこそ、今ハマっているアプリとかでも。知らない情報を積極的に入手する先輩方の姿を見て、必然的に手を挙げるようになりました。
T
自分よりずっと年次の高い方でも、さらにその上を見ていて、その視点の高さに驚くよね。
F
そういう成長意欲って伝染していくのか、自分ももっと成長したいという思いが以前より強くなりました。
Y
若手から責任の大きな仕事を経験出来るからこそ、成長スピードが早い。さらには上司先輩が手厚くサポートしてくれる社風がある。上司先輩を見習って、自分たちも成長意欲をもって仕事をしていきたいね。